敏感肌もニキビ跡の赤みも利用できる万能コスメ|悠々自適な美肌生活

顔の手入れ

敏感肌のスキンケア

敏感肌のメカニズム

顔の手入れ

様々な原因によって肌が敏感に傾きやすい方は、敏感肌と呼ばれており、専用のスキンケア用品は多くのメーカーから販売されています。 敏感肌の特徴として、肌のバリア機能が未熟であることが挙げられますが、適切なケアによってバリア機能を向上させることにより、外的刺激を受けにくくするメリットがあると考えられています。 敏感肌のスキンケアは、香料や着色料、鉱物油などの添加物をできるだけ排除したものが人気です。添加物に反応し、肌トラブルを起こす可能性がある敏感肌には、できるだけ肌トラブルを起こしやすい成分を排除することで、肌を健やかに保つことができると考えられています。そのため、敏感肌用化粧品の多くは、添加物を含まないものになっています。

効果的なスキンケアとは

肌が敏感に傾きやすい方は、肌がアレルギー反応を起こしやすいため、自分が何に対してアレルギーを起こしやすいか把握することで、症状を未然に防ぐことができるとされています。 原因不明の肌荒れが続く場合は、皮膚科でアレルギー検査を受けることが可能です。血液を採取し、検査を受けることで何に対して過敏に反応しやすいかがわかり、金属や花粉、動物の毛やカビ、ハウスダストなど検査項目も多いため、疑わしい項目を検査し、なるべくその物質に接触しないことにより肌が過敏になることの予防になります。 肌が敏感な方は、外的刺激に弱いとされており、紫外線によるダメージを受けやすいことから、適切にUVカットを行うことにより、肌を健やかに保つことができると考えられています。